サイトマップ

対象の運転者を限定・追加

運転者年齢条件特約

運転者の年齢を制限することによって保険料を安くする特約のことをいいます。

対象となる自動車は自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、特殊用途自動車(キャンピング車)、二輪自動車、原動機付自転車等で、おもに以下のような種類があります。

  • 運転者年齢21歳未満不担保特約
  • 運転者年齢26歳未満不担保特約
  • 運転者年齢30歳未満不担保特約
  • 運転者年齢35歳未満不担保特約

それぞれ所定の年齢以上の者が運転中に起こした事故について保険金が支払われますが、所定の年齢に満たない者が運転している間の事故は補償されません。

ただし、運転者の年齢が契約条件に当てはまらない場合でも、次のいずれかに該当する事故に対しては保険金が支払われます。

  1. 被保険自動車が盗難にあった時から発見されるまでの間にその被保険自動車について生じた事故
  2. 自動車修理業、駐車場業、給油業、洗車業、自動車販売業、陸送業、運転代行業等自動車を取り扱うことを業としている者が、業務として受託した被保険自動車を使用または管理している間にその被保険自動車について生じた対人事故および対物事故

また、車両保険の車両危険限定A(車両危険限定担保特約A)に該当する事故についてはこの運転者年齢条件に関する特約は適用されず保険金は支払われます。

なお、原動機付自転車については21歳未満不担保特約のみ選ぶことができます。

高齢運転者不担保特約

満35〜69歳の者が運転中に起こした事故について保険金が支払われます。

運転者年齢35歳未満不担保特約付の契約の場合に限り付帯することができます。
臨時運転者特約と重複して付帯できません。

70歳以上の者(記名被保険者を除く)が運転した事故の場合は、手続きうっかりサポートの年齢条件特約の不適用に関する特約の適用が可能です。割引率は5%です。この割引はその他の特約(ファミリーバイク特約(自損)、ファミリーバイク特約(人身傷害)、ライフサポートプラン、身の回り品担保特約、弁護士費用等担保特約および犯罪被害人身傷害特約)については適用されません。

運転者家族限定特約

運転者を「記名被保険者、その配偶者、これらの同居の親族および別居の未婚の子」に限定することによって保険料を割り引くことができる特約のことです。

対象となる自動車は、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、特殊用途自動車(キャンピング車)等です。

この特約をつけることにより、保険のリスクが減少することから、保険料の割引があります。ただし、限定運転者以外が運転している間に生じた事故については、保険金は支払われません。

例外として、次のいずれかに該当する事故に対しては保険金が支払われます。

  • 被保険自動車が盗難にあった時から発見されるまでの間にその被保険自動車について生じた事故
  • 自動車修理業、駐車場業、給油業、洗車業、自動車販売業、陸送業、運転代行業等自動車を取り扱うことを業としている者が、業務として受託した被保険自動車を使用または管理している間にその被保険自動車について生じた対人事故および対物事故

また、車両保険の車両危険限定A(車両危険限定担保特約A)に該当する事故についてはこの運転者家族限定特約は適用されず保険金は支払われます。

運転者本人・夫婦限定特約

運転者を記名被保険者とその配偶者に限定することによって保険料を割り引くことができる特約のことです。

運転者本人限定特約

運転者を記名被保険者に限定することによって保険料を割り引くことができる特約のことです。

臨時運転者特約

契約の運転者年齢条件にかかわらず、家族以外の者が被保険自動車を運転中に起こした自動車事故を補償する特約のことです。この特約は運転者年齢条件特約が付帯されており、被保険自動車の所有者および記名被保険者が個人である場合に適用されます。

この特約により、次のいずれにも該当しない者が被保険自動車を運転中の事故に対しては、運転者年齢条件特約を適用しません。

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
  5. 被保険者(上記1〜4)の業務に従事中の使用人
  6. 被保険者(上記1〜4)の使用者の業務に従事中の他の使用人(ただし、被保険者が被保険自動車をその使用者の業務に使用している場合に限る)
  7. 自動車修理業、駐車場業、給油業、洗車業、自動車販売業、陸送業、運転代行業等自動車を取り扱うことを業としている者(ただし、これらの者が被保険自動車を業務として受託した場合に限る)

運転者家族限定特約運転者本人・夫婦限定特約運転者本人限定特約高齢運転者不担保特約子供追加特約が付帯されている場合は、本特約は付帯できません。

子供追加特約

主契約の年齢条件に合致しない子供の事故について補償する特約のことをいいます。

子供が運転免許を取得して親の自動車を運転するような場合に、主契約の年齢条件を変更するよりも割安な保険料で、子供が運転中の事故が補償されます。

この特約で補償の対象になる子供とは、主契約の記名被保険者またはその配偶者の同居の子および別居の未婚の子です。なお、主契約の運転者年齢条件特約とは別にこの特約の被保険者である子供について、運転者年齢条件特約を付帯することができます。

また、子供が二人以上でも運転者年齢条件が同一ならば保険料は変わりません。

この特約を付けることができる主契約は、被保険自動車が自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車または特殊用途自動車(キャンピング車)であって、かつ、ノンフリート契約の場合です。

この特約の特徴として次のようなことが挙げられます。

  1. 保険期間中1回目に支払う保険事故に限り、等級据え置き事故として扱います。
  2. 親の自動車はもちろん他人から借りた自動車(友人の車やレンタカーなど)を運転中の事故も補償の対象になります。被保険者の請求により、借りた自動車の保険の有無にかかわらず契約の保険から優先して保険金が支払われます。ただし、子供が所有もしくは常時使用する自動車での事故は補償されません。
  3. 子供追加特約を3年以上契約して、かつ、3年以上無事故、無違反であった場合、子供が独立して新たに自動車保険を締結するときに新規優良割引が適用されます。
ホーム > 自動車保険のしくみ > 特約 > 対象の運転者を限定・追加
自動車保険見直しキャンペーン
インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
全員にもれなく500円マックカードプレゼント!
http://www.insweb.co.jp/ins/camp/
自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
自動車保険を「安くしたい!&見直したい!」
最大15社の自動車保険を一括見積もりできます。 http://www.bang.co.jp/index.html

各社自動車保険の特徴と比較
各社の自動車保険の特徴をレビューし徹底比較。


【保険スクエア Bang!】
最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較が可能です。
ウェブサイト上で見積もり結果を一覧として見ることができるのが便利です。
一番おすすめ。


【イオン保険マーケット】
見積もり結果を比較表にしてくれる機能があり非常に便利。
自動車保険見積もりキャンペーン中で、抽選で豪華賞品が当たります。

カー用品ウォッチング
カーナビ、カーオーディオなど自動車内装から、タイヤ・ホイール、エアロパーツ、チューニングパーツまで、カーライフを充実させる各種カー用品をウォッチング。

新車ウォッチング
新車発表、試乗レポートなど自動車関連情報・ニュースをウォッチング。新型車発表、モデルチェンジをチェック!


【インズウェブ】
最大20社の自動車保険一括見積もりが可能。
さらに見積もりをとるだけでギフトカード500円分がもらえます。
「自動車保険虎の巻」のサービス・割引・特約比較は保険会社を選ぶ際に非常に役に立ちます。


【カービュー】
自動車関連総合サイトのカービューが提供している自動車保険一括見積もりサービス。
各種特約の有無による保険料の差を確認できます。


【価格.com 自動車保険】
運転者のタイプ毎の各社保険料金一覧やサービスの一覧表が便利。
一括見積もりをする前に大まかな各社の傾向を知ることができます。

自動車保険
一括見積もり
レビュー

無駄な保険料を払っていませんか?
ちゃんと各社の見積もりを取って、今の自分にとって一番安い保険を調べましょう。

自動車保険一括見積りサイトの比較、レビューはこちら。