サイトマップ

保険商品

国内の各損害保険会社は、長年にわたって

  1. 自家用自動車総合保険(SAP)
  2. 自動車総合保険(PAP)
  3. 自動車保険(BAP)
  4. 自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)

の4種類の任意保険を同一条件(名称も保険料も同じ)で販売してきました。しかし、1998年の自由化以後は各社が独自の名称で新商品を販売するようになり、補償内容や保険料にもそれぞれに格差が出てきています。

たとえば、東京海上日動なら「Total assist」、損保ジャパンは「ONE―do」、三井住友海上は「MOST」、ニッセイ同和は「ぴたっとくん」、など・・・最近のテレビCMで、このような商品をよく目にします。

しかし、こうした新しい自動車保険も、パンフレットなどの説明を見てみると、基本は従来型のSAPやPAPで、会社によってはそのまま残されている場合もあります。また、新しいセット保険は、自家用乗用車のみが対象になっていることが多く、営業車や貨物車、自動二輪車などは、従来通りのままというのが大半です。

従来型の任意保険商品

まず、今でも新商品の基本になっている従来型の任意保険商品4種類について詳しく見てみましょう。

自家用自動車総合保険(SAP)

SAPは、「Special Automobile Policy/スペシャル・オートモービル・ポリシー」の頭文字をとった略称です。この商品は「スペシャル」というだけに、あらゆる保険がセットされています。「基本契約そのT」は対人賠償責任保険対物賠償責任保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険のセット。「基本契約そのU」はこれらに車両保険を加えて、合わせて6つの保険が組み込まれています。万一、事故を起こしたときに、対人事故、対物事故とも示談交渉を保険会社が代行してくれるサービスが付いています。対象車種は、いわゆる自家用の5車種(普通乗用車、小型乗用車、軽四輪乗用車、小型貨物車、軽四輪貨物車)です。

自動車総合保険(PAP)

PAPは、「Package Automobile Policy/パッケージ・オートモービル・ポリシー」の略称です。内容は基本契約として対人賠償責任保険対物賠償責任保険搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険のセット。付帯契約として車両保険があります。車両保険を付保するかどうかは任意に選べるようになっています。対象車種は、自家用、営業用を問いません。販売用や未登録車以外なら、どんな用途、車種にも、かけることができます。PAPの場合、対人事故の示談交渉は保険会社が行ってくれますが、対物事故についてはそのサービスはありません(ただし、実際にはそれなりのサポートはしてくれます)。

PAPの無保険車傷害保険は「被保険自動車の正規の乗車用構造装置がある場所に搭乗中」に限られます。一方、SAPの無保険車傷害保険の場合は被保険者とその家族が歩行中など(被保険自動車に搭乗していないとき)に無保険車との事故やひき逃げ事故にあった場合でも補償されます。

SAPとPAPの内容の違い
SAP PAP
示談交渉サービス 対人事故、対物事故 対人事故のみ※
無保険者傷害保険 歩行中、他の車に搭乗中も補償 被保険自動車に搭乗中に限定
※保険会社によってはPAPでも対物事故の示談交渉サービスを実地しています。

自動車保険(BAP)

BAPは、「Basic Automobile Policy/ベーシック・オートモービル・ポリシー」の略称です。「ベーシック」ということで、対象はすべての用途・車種の自動車です。対人賠償責任保険対物賠償責任保険車両保険のいずれを付保するかは任意です。搭乗者傷害保険は対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、車両保険のいずれかの保険とセットで契約することができ、自損事故保険は対人賠償責任保険に自動的に付保されます。なお、無保険車傷害保険は付保されませんし、保険会社の示談交渉サービスもありません。

自動車運転者損害賠償保険(ドライバー保険)

自動車は所有していないが他人から自動車を借りて運転する機会がある者を対象としたもので、運転者自身にかける保険です。対象は自家用5車種のほか原付、自動二輪、そして、これらすべてのレンタカーです。ただし、被保険者名義の自動車や被保険者の同居親族名義の自動車、被保険者が役員をしている会社の所有自動車、被保険者が常時使用している自動車は保険の対象にはなりません。つまり、他人の自動車を借りたときの事故以外では保険金は支払われません

まとめ

従来型の任意保険商品それぞれの内容をまとめると下表のようになります。

従来型の任意保険商品の内容
対象車種 対人 対物 搭乗者傷害 自損事故 無保険車 車両 
SAP 自家用5車種
PAP 全車種
BAP 全車種
ドライバー保険 全車種
◎ 基本契約・・・最初からセットされていて任意に選択できない契約
○ 任意契約・・・保険契約者の希望により任意に追加できる契約
△ 個別契約・・・保険契約者の希望により単独で選択できる契約

新型の任意保険商品

現在、各保険会社から販売されている新型保険は、次の二つのタイプに分けられます。

完全補償型
従来のSAP、PAPに人身傷害補償保険など手厚い補償をプラスして、安心感をさらにアップしたもの
リスク細分型
従来のSAP、PAPを基本に、自動車や運転者の危険度をさらに細分化して保険料に反映したもの
次へ >> 特約
自動車保険見直しキャンペーン
インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
全員にもれなく500円マックカードプレゼント!
http://www.insweb.co.jp/ins/camp/
自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
自動車保険を「安くしたい!&見直したい!」
最大15社の自動車保険を一括見積もりできます。 http://www.bang.co.jp/index.html

各社自動車保険の特徴と比較
各社の自動車保険の特徴をレビューし徹底比較。

カー用品ウォッチング
カーナビ、カーオーディオなど自動車内装から、タイヤ・ホイール、エアロパーツ、チューニングパーツまで、カーライフを充実させる各種カー用品をウォッチング。

新車ウォッチング
新車発表、試乗レポートなど自動車関連情報・ニュースをウォッチング。新型車発表、モデルチェンジをチェック!


【カービュー】
自動車関連総合サイトのカービューが提供している自動車保険一括見積もりサービス。
各種特約の有無による保険料の差を確認できます。


【保険スクエア Bang!】
最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較が可能です。
ウェブサイト上で見積もり結果を一覧として見ることができるのが便利です。
一番おすすめ。


【インズウェブ】
最大20社の自動車保険一括見積もりが可能。
さらに見積もりをとるだけでギフトカード500円分がもらえます。
「自動車保険虎の巻」のサービス・割引・特約比較は保険会社を選ぶ際に非常に役に立ちます。


【価格.com 自動車保険】
運転者のタイプ毎の各社保険料金一覧やサービスの一覧表が便利。
一括見積もりをする前に大まかな各社の傾向を知ることができます。


【イオン保険マーケット】
見積もり結果を比較表にしてくれる機能があり非常に便利。
自動車保険見積もりキャンペーン中で、抽選で豪華賞品が当たります。

ETCカードの選び方
ETC機能の付いたクレジットカードの中から機能・サービスが優れているものを厳選してレビュー。

ガソリンカードの選び方
ガソリン代の割引特典のあるガソリンカードを厳選して、それぞれの特徴を比較、付帯する各種特典について解説。

ロードサービス付クレジットカードの選び方
ドライブ中の事故や故障などのトラブルの際にサポートしてくれるロードサービス。クレジットカードに付いているものを利用すれば、JAFに入るよりかなりお得です。

自動車保険
一括見積もり
レビュー

無駄な保険料を払っていませんか?
ちゃんと各社の見積もりを取って、今の自分にとって一番安い保険を調べましょう。

自動車保険一括見積りサイトの比較、レビューはこちら。