サイトマップ

自動車事故を起こしてしまったら

自動車事故を起こしてしまった場合の対処法について、時間を追って順にするべきこと挙げてみます。

人命救護措置

人身事故で負傷者が出た場合は、その救護に当たるのが最優先です。被害者が軽症ならば、すぐに安全な場所へ移動します。重症のときは後続事故の恐れがなければ、むやみに動かしたりせずに、救急車を呼んだり、人工呼吸や止血などの応急処置をする必要があります。

二次災害の防止

事故当事者の自動車を事故現場にそのままにして道路交通の妨げがあると二次的な事故発生の原因にもなります。速やかに自動車を安全な場所に移し、交通を円滑にすることで危険を防止します。また、パニックになって自動車から飛び出して後続車や対向車にひかれたりしないよう注意しなければなりません。

警察への通報

道路の安全が確保できたら、人身事故、物損事故を問わず警察に通報します。

相手の確認

事故の相手と住所、氏名、電話番号、勤務先、免許証の記載事項、それぞれの保険会社の情報等を交換し合います。また、相手の自動車の所有者や登録番号を車検証で確認しておきます。

保険会社への連絡

契約している保険会社または保険代理店へ連絡して、事故処理サービスの担当者か代理店の指示を受けます。また、警察の取調べが終わったら、もう一度連絡して、その内容を報告して、再び指示を仰ぐようにします。事故の相手とか状況、届け出警察署また医療機関や修理工場などについて報告します。

現場の立会い

どのような状況で事故が起こったのかを警察が現場で調査する実況検分に立ち会い、事情聴取を受けます。

事故証明書の発行手続き

事故を届け出た警察や交番で、保険金の請求に必要な交通事故証明書を発行してもらうよう手続きをします (通常は、保険会社が事故証明書を取ってくれます)。このとき、届け出た警察署名・係官の名前を聞いておきます。

事故車を修理工場へ搬入

事故車を修理工場へ運びます。損害が大きく走行できないときはレッカーを頼みます。

示談交渉、解決

示談交渉を行い(示談交渉サービスつきの自動車保険に加入していれば保険会社が示談交渉を行います)、双方が納得して示談が成立すれば損害賠償が行われ、事故が解決します。

示談がどうしても成立しない場合は、簡易裁判あるいは民事裁判を行って解決することになります。

ホーム > 自動車保険のしくみ > 事故を起こしてしまったら
自動車保険見直しキャンペーン
インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
全員にもれなく500円マックカードプレゼント!
http://www.insweb.co.jp/ins/camp/
自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
自動車保険を「安くしたい!&見直したい!」
最大15社の自動車保険を一括見積もりできます。 http://www.bang.co.jp/index.html
自動車保険
一括見積もり
レビュー

無駄な保険料を払っていませんか?
ちゃんと各社の見積もりを取って、今の自分にとって一番安い保険を調べましょう。

自動車保険一括見積りサイトの比較、レビューはこちら。