サイトマップ

インズウェブ

インズウェブ はソフトバンク・ファイナンスグループのファイナンス・オール株式会社が運営している保険の情報サービスサイトです。自動車保険一括見積もりのほかに、生命保険一括資料請求や火災保険見積もりなどのサービスを提供しています。

参加保険会社は見積もりサイトでは最大の20社で、保険スクエア Bang!では扱っていない三井ダイレクトそんぽ24損保ジャパンなどを扱っていますし、特約など選択できる項目が異なっているので、保険スクエアBang!と合わせて見積もりを取るのがおすすめです。

見積もりサービス入力手順

以下にインズウェブ の見積もりサービスの入力手順をスクリーンショットとともに説明します。

まず、(キャンペーンが行われている場合はキャンペーン用のページをたどると、)下のようなスタートページが表示されますので、「自動車保険一括見積もり請求をはじめる」ボタンを押して開始します。

過去に見積もり依頼を行ったことがある、あるいは前回途中で入力内容を保存をした方は「ログイン」ボタンをクリックしてメールアドレスとパスワードを入力すれば、以前入力した内容を呼び出すことができます。補償条件を少し変えて見積もりを取り直す場合には非常に便利です。

車の情報

はじめに、保険に入る車の情報を入力します。最初に、初度登録年月(車検証に記載、新車の場合は購入予定年月)と、車のメーカー名を選択し、「次へ」をクリックします。

さらに、車名、型式を順に選択していきます。型式は車検証か、既に自動車保険に加入している場合は保険証券に記載されています。

次に、現在の保険加入状況、車の所有者(保険契約者との続柄)、使用状況(主たる使用目的、1か月のうちの使用日数、予想年間走行距離、主たる運転地域)、オプションの状況(エアバッグ等の有無)などを選択し、「次へ」をクリックします。

次に契約開始日などに関わる情報を入力する画面に移りますが、前のページの「保険契約の加入状況」の項目でどれを選んだかによって入力項目が異なっています。

「2台目以降の車として購入予定」、「現在保険に加入されている」を選んだ場合には、次のようなページが表示されますので、車のナンバー、現契約の内容、保険金請求事故の情報を入力していきます。等級、満期日、補償内容については現在加入中の自動車保険の保険証券に記載されています。また保険金請求事故件数が分からない場合は保険会社に問い合わせれば教えてくれます。入力が終わったら「次へ」をクリックします。

前のページで「始めて自動車保険に加入する」を選択した場合は、下のようなページが表示されますので、希望の保険契約開始日と納車日を選択し、「次へ」をクリックします。

人の情報

車の情報を入力した次は、運転者や契約者など「人」に関する情報を入力していきます。

まず、車を主に運転する人(記名被保険者となる人)に関する情報を入力します。車を主に運転する人の契約者との続柄、氏名、生年月日、性別を入力し、「次へ」をクリックします。

この後下のようなページが表示されますが、アメリカンホームの見積もりを取るつもりがある方は、ここで車を運転する家族の情報を追加入力します。アメリカンホームは指定した運転者以外が運転中の事故は補償しないというような規定がありますので、正しい見積もりを取るためには追加入力が必要です。

追加入力しなくても他の保険会社の見積もりは取ることができますので、アメリカンホームの見積もりが不要であれば、そのまま「次へ」をクリックして進みます。

次に、主たる運転者の婚姻状況(夫婦限定特約などの有無の判断に使われると思われる)、職業、普通免許取得年月日、免許証の色、免許停止・免許取消の有無を入力します。

更に、見積もりの連絡方法(電子メール等)、契約者の自宅の郵便番号を入力し、「次へ」をクリックします。

そして、契約者の自宅住所、電話番号、メールアドレスを入力して「次へ」をクリックすれば、「人の情報」の入力は完了です。

保険の情報

「車の情報」、「人の情報」の入力が済んだら、最後に契約する予定の保険の補償内容に関する情報を入力していきます。

対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、人身傷害それぞれの保険金額、車両保険の種類と免責金額、ファミリーバイクや家族限定などの特約の有無、年齢条件など、希望する補償内容を選択していきます。

補償内容の考え方については「自動車保険を設計する」を参照してください。

入力情報の確認

最後に今まで入力した情報が下のように表示されますので、全ての入力内容が正しいかを確認します。

ページの一番下に、代理店からのアドバイスを希望するかどうかの質問がありますので、代理店介在型の保険会社の見積もりを取りたいかどうかでどちらかを選択し、「次へをクリックします。

最後に、今まで入力した内容に基づいて、見積もり取得可能な保険会社が列挙されます。これらのうちで、同条件の見積もりを既に取っているなど見積もりを請求する必要がない保険会社があれば、見積もりを「請求しない」を選ぶこともできます。

最後に「見積りをGET」ボタンをクリックすれば、見積もり請求は完了です。

見積もり完了画面、あるいは情報入力途中のページで右上の「入力情報の登録」ボタンを押した場合には、下のような登録画面が表示されますので、電子メールアドレス(アカウントのIDとなります)、パスワード、パスワードリマインダ(パスワードを忘れたときに知らせるための機能)の質問と答えを入力し、今まで入力した内容を登録しましょう。

ここで登録しておけば、後日見積もりを再度取る際に、スタート画面でログインをすることで、今まで入力してきた内容を呼び出すことができます。補償条件の見直しを行う場合には非常に便利ですので、必ず入力情報の登録をしておきましょう。

依頼した見積もりの結果は、各社からe-メール、郵送で送られてきます。

各社から届いた見積もりとご自身の予算とを比較して、必要であれば補償内容を見直し再度見積もりを取って、納得のいく保険を選んでください。

自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』
自動車保険を「安くしたい!&見直したい!」
最大15社の自動車保険を一括見積もりできます。 http://www.bang.co.jp/index.html
自動車保険見直しキャンペーン
インズウェブの「自動車保険一括見積りサービス」をご利用の方
全員にもれなく500円マックカードプレゼント!
http://www.insweb.co.jp/ins/camp/
自動車保険
一括見積もり
レビュー

無駄な保険料を払っていませんか?
ちゃんと各社の見積もりを取って、今の自分にとって一番安い保険を調べましょう。

自動車保険一括見積りサイトの比較、レビューはこちら。